学生の成長支援詳細

       

TCP
APP

TCP

TCP(トータル・キャリア・ポートフォリオ)は、学生・教員・職員が全員使えるデジタルポートフォリオ(WEB版・アプリ版)です。
目標設定、目標管理、DP達成度の可視化、教学システムとの連携などの機能があり、学生支援の充実、中退予防、就職支援などの成果が見込めます。
さらに、教学システムとの連携によるデータの引用や、ポートフォリオを活用した外部の就活サービスとの連携など外部サービスとの連携も可能です。

<詳細>
◆現状システムが持つ課題

①教学データを活用しきれていない
②運用やカスタマイズが複雑かつ、高価でランニングコストが高い

◆学生の課題

①学生に関わる情報が1つのシステムで見られない
→入試、在籍中、卒業後のデータが1つのシステムにない
②データの所有者が学生じゃない
→本来学びの記録は学生のもの
→卒業後に学生が使えない
→データの蓄積だけで、有意義な活用方法がない

◆要求される機能

①学ぶ目的や目標の明確化を支援したい≒明確化することで中退予防や就職活動にも役立てたい
②目的や目標達成に必要な授業や活動の選択を後押ししたい
③ポートフォリオと実践/ 教育プログラムとの連動を深めたい
④DPの達成度を蓄積、可視化したい
⑤ポートフォリオを見て学生の指導ができるようにしたい
⑥ポートフォリオを就職活動に活用できるものにしたい

◆解決法

①全員(学生/教職員)がWEBやスマホ上(アプリ)で使える
②「教学システム」や「IQ/EQテストの結果」など外部サービスからのデータ引用が可能
③より活用するために連動する「教育プログラム」も開発、提供予定
→「アサーティブコミュニケーション」などの学生の自己肯定感を高める授業
→「キャリア教育」(ポートフォリオ活用を前提とした新しいプログラム)など

◆コンセプト

①学生の全ての情報を一元化(システムの統合)
②学生が一生涯使えるポートフォリオ(卒業後も無料で利用)
③どこでも、いつでも、誰でも(本人が判断)見られる
④紙ベースの情報を可能な限りなくす(教職員の業務量の削減)
⑤通常の授業等と連動させ、就職活動に必要な作業、入力が完了(未来からの逆算とスケジューリングの習慣づけ)
⑥就職マッチング(インターンシップ、企業説明会、採用、転職)
⑦ナンバリングは授業科目に加え、学生の様々な活動についても設定が可能であり、多角的に分析・表示することが可能である
⑧教職員の履歴・業績・評価等もポートフォリオ化し、教職員が同じことを何度も入力する労力を削減
⑨学生同士、学生と教職員、学生と保護者、学生と企業が繋がり情報を共有し、チャット等でやり取りすることが可能(授業アンケート以外で学生の授業評価をリアルタイムで!)
⑩履修(卒業要件不足確認等)や自分の進路を学生が自ら決定、判断する習慣




NOCC

NOCCテストでは、どのような学生が入学しどう成長しているのか、知識量だけではなく様々な指標で学生たちを見ることができ、下記のような活用が可能です。

1.中退予防

アラート機能で、単位が危なくなる可能性が高い生徒、大学生活に馴染めない可能性が高い生徒が一目で分かります。中退理由のうち大学入学後に生じる問題に対して事前に対策を打つことができます。

2.授業設計

その授業にどのような学生が出席しているのか一目で分かります。例えば、「外向性が低い学生が多ければ発言主体で組み立てるのは難しい」など事前に授業設計の方針を立てることが可能です。

3.就職活動

就職活動をする前に、自分を客観的に捉えるために周囲の人に他己分析をしてもらうことが一般的となっています。教育検査では、周囲の人からの声よりも正確に自分を分析することができます。




PROG

PROGとは、専攻・専門に関わらず、大卒者として社会に求められる汎用的な能力・態度・志向(以下、ジェネリックスキルといいます)を測定し、育成するためのプログラムです。ジェネリックスキルを可視化し、客観的評価の指標を設けることで、教育成果の検証を行うことが可能となります。2020年8月時点での実績はのべ、採択校数478校、受験者数102万人です。

1)<学生の成長支援>

学生生活における「目標設定」を促進し、目標達成状態、能力の進捗状態を把握できる機会(リフレクション)を提供いたします。

2)<全国平均との比較>

対象を限定したうえで(国公立私立、学部、地域、など)、各能力別に、平均値を比較することが可能です。

3)<IRデータ活用>

PROGの結果と、既存の他のデータ(GPA、授業評価アンケート、学生生活調査、卒業生調査、企業評価調査、教員アンケート、など)とテストバッテリーを組むことで、貴学の現状を把握し、経営戦略を策定する上での重要な参考データになります。

©  大学改新機構 All Rights Reserved.
PAGE TOP